中干し終了!

7月初旬

これまで水を抜いて乾かしていた田んぼに
そろそろ水をかける時期となりました

中干し前と比べるとずいぶんと茂ってきました


畦周りの雑草も元気ですが…(^_^;)

中干しの意味

以前の記事でも書きましたが
中干しをすることで以下のような効果があります

稲の根張りが良くなる

田んぼに酸素が供給される

田んぼが硬くなるので収穫が楽になる



こんな感じのいいことがあります


しかし何事もやりすぎは良くない
というもので

あまりにも乾かしすぎると
田んぼが割れ、同時に根っこまで切れてしまう

ということが起こるそうです


根張りをよくしていたはずなのに
根っこが切れてしまっては本末転倒です

終了後からの動き

中干しを終え方として
水を入れて数日したら抜いて

というのを繰り返します

これを飽水管理と言います



その後は
一回入れたら水を止めて、そのまま自然に水がなくなるのを待つ

無くなってきたら水を足す

という間断かん水をします



こうすることで根腐れを防止しつつ
稲が土壌から栄養を吸収する状態にします

今年の天気

令和4年は全国的に梅雨らしい梅雨ではなく
水不足が懸念されます

そう思っていたら7月半ばになって
梅雨のような天気が続いていますね

魚沼も雨雲に覆われいます

農業をしているものにとって
雨は天からの恵みです


水がなければどんな作物も作れません

特に私たちのように
山の水を使用していると
雨が降らなければ水が枯れてしまうのです

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。