小千谷片貝花火を見てきました

2020年9月9日

新潟県の花火大会と言えば長岡花火大会が有名ですよね

長岡花火は信濃川沿いで打ちあがるので
都会の花火大会には無いような空の広さと

なんと言ってもその広い空一面に打ちあがる
贅沢なほどの量の花火が魅力だと思います


新潟県には他にも特徴的な花火大会があり
片貝花火大会もその一つです

世界一の花火

片貝花火の最大の特徴は

四尺玉という巨大な一発の花火です


一発の大きさとしては世界一であり
他の花火大会では見られません


1玉の大きさが400㎏

そんな重たい玉を800mも打ち上げます


なぜなら
開いた時の直径が800mあるからです!




スマホで動画を撮っていましたが
画面に収まりませんでした

奉納花火

片貝花火は地元にある浅原神社の近くで開催されます

その浅原神社の神様に奉納する花火なのです

なので花火は個人や企業など
一般の誰かが願いや想いを込めて打ち上げます


特に地元出身者はお祝い事や供養することがあると
打ち上げることになっているようです

打ち上げ前にアナウンスでそれが流れますので
自分で打ち上げても、贈り物としても
すばらしい記念になることでしょう


弊社も来年は打ち上げたいと思っています!

祭り縁日もにぎやか

花火だけでなく、神社の周りには山車が走っていたり
縁日屋台が多数出店しています

コロナ禍で3年ぶりの開催となった片貝花火

祭り好きの片貝っ子たちも祭りを盛り上げつつ
3年分楽しんでいる様子でした


私も久しぶりにぽっぽ焼きを食べました



ぽっぽ焼きとは新潟県民のソールフードです

黒糖の蒸し饅頭みたいなものなのですが
これがまたいくつでも食べられちゃうおいしさなんですよ!



片貝の奉納花火は県外の方でも打ち上げることができます

何かのお祝いや思い出作りに打ち上げてみてはいかがでしょうか

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。